涼を取るだけでない扇子の使い方

扇子は涼しい風だけでなく香りを楽しむ事ができます。素材に白檀や檜を使ったものは扇ぐたびに風と一緒にほのかに香ります。香りのある木や香木を使った扇子は値段は普通のものよりも高めですが香りは長期間続きます。日本は湿度が高く、空気中に香りの粒子が残りやすくより良い香りが残ります。お香と一緒に保管して香りを移すのもおすすめです。香水を掛ける方法もありますが、香水では生地が変色する事もあるので注意が必要です。強すぎる香りは周りに合わない時があるのでほのかなやわらかな香りにとどめておきます。扇子には涼を取るだけでなく、座って挨拶をする時に膝前に置いて挨拶する事があります。扇を膝前に置いて挨拶をする行為は自他の境目を作る結界の役割があるといわれており、婚礼などで帯に挿す祝儀扇、茶の席で使う茶扇なども同じことを表しています。

日本の文化の扇子で風流を感じていく

日本には、四季があります。北海道から沖縄では、四季の特長があり、北海道では夏が過ごしやすく、沖縄では、冬であっても一定の温度より下がることはありません。しかし、東京や京都辺りでは、夏は暑く、冬は寒いというのが一般的です。それこそ現代では、冷房器具や暖房器具があり、快適に過ごすことができます。しかし、昔には、そんな便利な器具はなく、自然に任せるしかありませんでした、雨が降るのも、晴れることも、天へと願うことぐらいです。そんな日常で、暑さを凌ぐために、風鈴や扇子が生まれました。風鈴の音は、心地よさと涼しさを演出してくれます。昔の日本人は、自然に立ち向かうのではなく、共に寄り添い、穏やかに過ごしていく方法を、確立していきました。家なども、風が通りやすいように設計されており、真夏であっても、快適に暮らせるようになっています。

扇子を探すなら通販を利用したほうが見つけやすい

扇子には、さまざまな種類があり価格にも違いがあります。効率的に探すのであれば、通販が役立ちます。どんな目的であっても、通販ならば必要な扇子がそろっています。安いものがほしいなら、多くのサイトを見て比較していけば見つけられますし、誰かに贈る時でもさまざまな種類が見られますので、必要なものを見つけやすいです。また、通販なら品切れになっていることはほとんどありません。自宅に居ながら注文ができますので、お店に行く時間がない時など自分の都合に合わせて利用可能です。現在では、専門店のサイトもありあらゆる種類を知ることができます。扇子は今でもよく使われており、ご年配の方だけではなく若い人でも持っています。じっくりと考えてから購入することもできますし、通販ならば即日で配達してくれるところが増えています。即日ではなくても比較的短期間で届きますので、便利です。